子供と暮らすことで見えてくる子供のストレートで時に残酷な一言。だから、子供は面白い!


by haro_kom

やるかやらないかⅡ

マオくんの宿題は、聞いてみたところ・・・
「先生と居残りしてやるからいい」とのこと。

そうか、先生と一緒にやりたかったのか?

でもね・・いかんだろ?ちゃんとやらなきゃあ~~~~~


ホント甘えん坊だなぁ。
お前ひとりの先生か?違うだろう?
それにさ、先生、マオはやる気がないんだ。
一人じゃ出来ないと言い、わからないと言い、教えてもらって、
優しい先生に甘えてるだけで、身についてるわけじゃないんだ。

それに比べてミコは凄いよ。
ミコは小学校1年から今まで全く勉強が嫌いでやらなかった。
先生も困り果てるほどやらなかった。
厳しい先生で、私が「ミコの性格はこういうふうだから」と言うと、
「そんなんだからできないんです!お母さん、いつまでもそうしていると後で後悔しても
知りませんよ。赤ちゃんじゃあるまいし、やるべきことをやらせてください!」
とスゴイ剣幕で言われてしまった。
だけど、ミコはやらなかった。

けれど、最近、ミコオリジナルの記憶方法をあみ出し、積極的に勉強するようになった。
果たしてどっちが伸びるだろう?

ミコに「マオの勉強を見てやって」というと
「マオ!やる気がないなら教えないよ!」ってどこかで聞いたことのあるセリフ・・・・


そうそう、やる気のない人を教えても身につかない。
誰のための勉強なのさ?

うるさくてできない。暑くてできない。おなかすいてできない。鉛筆が小さいからできない。
眠くてできない。やっても覚えられない。TVが観たい・・・・などなど。

やる人は黙ってやる。やりたくない人はできない理由を考える。
[PR]
by haro_kom | 2005-09-15 15:15 | でたらめ育児。